労働保険事務組合とは

労働保険は、労働災害補償保険(労災保険)と雇用保険を総称したものです。労働者を一人でも雇っていれば
事業主は必ず加入手続きを行い、労働保険料を納付しなければなりません。労働保険には様々な手続きがあり
雇用保険の被保険者に関する手続きや、保険料の申告・納付に関する手続きなどなかなか手間が掛かります。
そこで、このような事務手続きを事業主に代わって行うのが「労働保険事務組合」です

労災保険
 労働者が業務上又は通勤によって負傷、病気、死亡などをした場合、被災労働者や遺族を保護するため必要な給付を行うものです。
雇用保険
 労働者が失業した場合に、労働者も生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。

労働保険事務組合に委託すると

ヽ銅鐚蠡海を事業主に代わって行うため手間が省けます
∀災保険に加入することができない事業主や家族従事者、又は法人役員も特別加入できます
O働保険料の額に関わらず、3回に分割してできます 

委託出来る範囲
(欷盈舛凌醜雉擇喃蕊佞亡悗垢觧務
∧欷唄愀言立届、雇用保険の事業所設置届の提出に関する事務
O災の特別加入の申請等に関する事務
じ柩冓欷韻糧鑛欷閏圓亡悗垢詁禄佚の事務
(取得届、離職票、育児・介護休業、60歳賃金登録等の届出・記入代行)
イ修梁章働保険に関する事務

雇用保険関係助成金
雇用保険を成立している事業所においては各種助成金が受けられる場合があります。
詳しくは下記外部リンクをご参照下さい。
【厚生労働省HP】
www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/

労働保険料算定基礎賃金等の報告(年度更新)

※労働保険料算定基礎賃金等の報告は、下記添付ファイルよりダウンロードしてご使用ください。