*平成16年度から受験の際に「身分証明書」が必要です。
 

 リテールマーケティング(販売士)検定試験

 
流通業で唯一の公的資格!!

  ■概要

  ■受験資格
  ■資格更新
  ■日本商工会議所
−販売士検定HP
今日の流通業界では、単にモノを売るだけでなく、消費者の動向を知り、変化の流れを読みとる能力が求められています。販売士はこうした即戦力として必要な知識・能力が身につく唯一の公的資格として、注目されています。


●概要

 

試験科目

制限時間

程度・能力

合格基準

1級

マークシート・記述

小売業の類型
マーチャンダイジング

ストアオペレーション

  120分

経営に関する高度な専門知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案まで、総合的な管理能力を発揮できる。
大規模小売店の店長や部長、中小小売業の経営者が対象。
大手小売企業では、店長昇格の条件になっているところもある。

平均70点以上で、
1科目ごとの得点が50点以上。

マーケティング

販売管理

   80分

 

 

 

 

2級
マークシート

小売業の類型

マーチャンダイジング

 

    60分

販売に関する専門的な知識を身につけ、売場や店舗を管理する能力、部下の指導育成能力を持っている。
売場主任、部課長など、売場を監督する中堅幹部クラスが対象。
大手の小売業では部課長への昇進試験に活用しているところもある。

ストアオペレーション

マーケティング

販売・経営管理

 

90分  

3級
マークシート

小売業の類型

 

 100分

小売店舗運営に関する基礎知識と、取り扱っている商品の専門的な知識を習得している。
売場の担当者などが対象。
最近では、小売業だけでなく、営業マンの必須知識として、社員教育に取り入れる卸売業やメーカーも増えている。

マーチャンダイジング

ストアオペレーション

マーケティング

販売・経営管理

 


●受験資格
    小売業に従事している方、及び将来従事しようとする方。ただし、義務教育修了者に限ります。

 


●試験の一部免除
■1級:前回あるいは前々回の試験で、一部、科目合格(70点以上)した方は、今回の検定試験ではその科目が免除されます。
■2・3級:各地商工会議所が開催する「販売士養成講習会」や日商指定の「通信教育講座」を 修了した方は、筆記試験の一部科目が免除されます。

 


●合格者の特典
■1級合格者は
・公益社団法人 商業施設技術者団体連合会認定資格の商業施設士試験の試験科目が一部免除になります。
■合格者全員
・販売士協会に加入できます。


●資格更新
資格の有効期限は5年です。資格更新を希望される方は、商工会議所が開催する「資格更新講習会(※)」または日商指定の「資格更新通信教育講座」を修了すること等により、資格を更新することができます。(※大田商工会議所では未実施)
 

 


●合格率 他

全国の受験者データ(日本商工会議所)


●試験開催日程・受験料 他
受験会場

原則として、大田商工会館を受験会場とする。

申込は、下記添付ファイルを確認後、窓口に持参されるか、申込用紙(下記添付ファイルよりダウンロードできます)と受験料、身分証明書の写しを同封し、現金書留で送付してください。           

 開始日程、時間 他
     1・3級 午前9時30分  2級 午後1時
 

試験日 申込期間 受験料
第80回3級 平成29年 7月 8日(土) 平成29年 5月8日(月)から平成29年 6月16日(金) 1級 7,710
2級 5,660
3級 4,120
第80回2級 平成29年 7月 8日(土) 平成29年 5月8日(月)から平成29年 6月16日(金)

第81回1級

     2級
     3級

平成30年 2月21日(水) 平成29年12月18日(月)から平成30年 1月26日(金)